カトリック由比ガ浜教会へようこそ。

1913年に鎌倉で初めて献堂された

カトリック教会です。

被昇天の聖母に捧げられています。


由比ガ浜通りから少し入った

静かな住宅地にたち、

ヨーロッパの田舎の教会を思わせる

のどかな佇まいです。

7月の地区別ミサ

  ​             

● 7月4日(日)年間第14主日 ●

10時 御成・材木座 地区

  

7月11日(日)年間第15主日 

10時 長谷・深沢・由比ガ浜 地区

 

● 7月18日(日)年間第16主日 

10時 稲村ガ崎・極楽寺 地区

  

  ● 7月25日(日)年間第17主日 

10時 御成・材木座 地区

  

● 7月4日(日)年間第14主日 

10時 御成・材木座 地区

 

○ 平日ミサは引き続き中止します。

○ 新型コロナウイルス感染拡大により、「主日ミサ」に参加出来なくても、ミサ参加義務はすでに免除されています。

○ 葬儀は実施方法など、都度ご相談の上行います。   

 

新型コロナウイルス感染拡大が一日も早く収束しますよう、また皆さまと共にミサが捧げられますよう、心を合わせて祈りましょう。        典礼委員会

◆地区別ミサのお知らせ◆

 

  ​             

5月 1日(日) 復活節第3主日

         稲村ガ崎・極楽寺 地区

 

5月 8日(日) 復活節第4主日

         御成・材木座 地区

 

  

5月15日(日) 復活節第5主日

         長谷・深沢・由比ガ浜 地区

 

  

5月22日(日) 復活節第6主日

         稲村ガ崎・極楽寺 地区

5月29日(日) 主の昇天(祭)

         御成・材木座 地区

​【※感染状況により変更する場合があります。】

ホームページは基本的に月1回更新されます。

​最新の情報はフェイスブックをご覧ください

当ページ一番下のリンクからもご覧になれます。

○ 平日ミサは引き続き休止とします。

○ 葬儀はその都度主任司祭と相談の上行います。

○ 信徒以外の参加は原則ご遠慮下さい。

​5月15日 復活節第5主日

「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい」

(福音朗読 ヨハネ13:34 より)

st220515.jpg

画像をクリックすると福音ページへ移動します

【司祭メッセージ】

カトリック由比ガ浜教会 小教区管理者 古川 勉神父

弥生にあって

 

 今年も早、3月を迎えるまでになりました。1月から新型コロナウィルス感染拡大の深刻な影響により、教会のミサ、集会なども思うようにできず、相変わらず困難な状況を強いられてきました。日本でもこの新型コロナウィルスの影響が表面化してきてから、もう2年以上になります。当初、正直ここまで、この感染症の影響が長引くことは無いであろうと楽観視していた面もありました。確かにワクチン接種の促進、治療薬のいくつかの誕生など、回復に向けて大きな進展があるのも事実ですが、今しばらく気を緩めずに感染対策を行いながら活動していくことが求められています。まだまだ厳しい状況が続きますが、祈りのうちに共に乗り越えていくことができますよう願いたいと思います。

 そうした中、以前にもお知らせしましたが、教皇フランシスコは2023年10月に開催される世界代表司教会議第16回通常総会(第16回シノドス)に向けて、昨年10月から2年間にわたり準備を進めています。その準備作業の一つがそれぞれの国、地域のおける教会の宣教や司牧についての実情把握です。今回のシノドスのテーマ「ともに歩む教会のためー交わり、参加、そして宣教」のもと、各地にシノドス事務局より「質問票」が送られています。

その「質問票」から横浜教区では独自の「アンケート」を作成し、各小教区で、それに対しての回答を作成し、それぞれ地区ごとでまとめ教区本部事務局に送り、横浜教区全体としての「質問票」回答を作成することを計画しています。

その教区での「アンケート」にはいくつかの質問項目があります。外国籍信徒の交わり、エキュメニズムの促進、聖職位階との交わり、地区共同宣教司牧委員会、三部門など、それぞれの進捗状況について尋ねてきています。そうした各課題について、これまでの達成状況や反省点について、熟考し、よりよい今後の展望を共に見出していかなければならないことかと思います。

ところで、こうしたテーマを前面に打ち出し、教会自身がより良く自分自身を見つめ直すよう促す教皇フランシスコのねらいは、当然のことながらキリストのめざす社会の構築です。その目的のために本来、大きく貢献、寄与すべき存在は教会です。人類はひとつ、社会はひとつ。まことの一致、交わり(コムニオ・コムニオーヌム)を生きる社会をめざす教会が、まず自分自身が、それを望み、そのために祈る共同体として成長してほしい、という願いがあります。これは以前にも紹介しましたが、教皇自身のアルゼンチンでのイエズス会司祭、そして大司教、枢機卿時代から培われてきた思いと拝察できます。

「人類・社会の一致、交わり」のために、まず必要不可欠なことは格差是正、差別撤廃、人権回復、環境破壊についての取り組み・・などがあげられます。

教皇フランシスコの祈りにあわせて、わたしたちも同じ思いで祈る共同体構築を目指したいと思います。

 

過去のメッセージ

<マリオ・バラーロ神父様の近況>

2020年3月1日(日)主日ミサの際お話しましたが、マリオ・バラーロ神父様はイタリアにお帰りになることになっていますが、現在新型コロナウイルス感染拡大の影響で帰国が出来ず、

由比ガ浜教会にいらっしゃいます。体調は大変良く元気にしていらっしゃいます。

しかし現在新型コロナウィルス感染防止の為、訪問はお断りします。

イタリアへの航空便が再開し次第、帰国予定です。

由比ガ浜教会委員長  

マリオ神父様 メッセージ

こころから感謝!

 

 去年の11月半ばごろから、身体の調子がおかしくなり、11月末から2週間入院しました。

一時的に元気になって、共にクリスマスを祝うことができましたが、31日の大晦日に肺炎でまた入院してしまいました。検査の結果、心臓がとても危ない状態になっていたことがわかり、その治療に励んでいました。

2ヵ月以上の入院で、教会のことをほったらかしにしてしまい、皆さんには大変なご迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳ありませんでした。雪ノ下教会の神父様方には、協力していただき心から感謝いたします。また、多くの方々に祈っていただき感謝いたします。

しかし、残念ながら、私の心臓は完全に治る病気ではなく、教会の責任を果たすことができなくなってしまいました。このため、イタリアにあるミラノ会の宣教師のための施設に入ることにしました。日本から離れることはとても辛いですが、やむを得ないことでしょう。片瀬から、由比ガ浜に転任した時、片瀬教会の皆さんとのお別れの挨拶に書いたように、ガンジ-の言葉を皆様にも繰り返し書かせていただきます。由比ガ浜の皆さんとは、共に2年間足らずでしたが・・・。

『良かったことを無くなったから嘆くのではなく、あったから感謝いたします。』

 

 最後に、もし皆さんを悲しませたことがあったら、心からお詫びします。そのつもりではなかったのです。そして皆さんにお世話になったことを感謝いたします。どうぞ、皆さんは今まで以上に良い共同体となって、キリストを人々に伝える熱意を、益々深められるよう心から祈ります。身体は離れても、心はいつも一緒です。

 

皆さんが絶望にあっても、主を信頼できますように。

暗闇に遭っても、主の光で照らされますように。

雲に隠れても、太陽があると信じられますように。

神が沈黙しても、私たちはそのみ手の中にあると信じられますように。

 

それではあらためて感謝しながら、神の祝福がありますように、心から祈ります。

マリオ・バラーロ

  • Facebook
acebook
フェイスブック

更新履歴

2022年 5月7日:地区別ミサのお知らせを更新しました。

2022年 4月5日:地区別ミサのお知らせを更新しました。

2022年 3月6日:黙想会動画・典礼カレンダーを更新しました。

2022年 3月4日:地区別ミサのお知らせ・司祭メッセージを更新しました。